TOP > 試験 > SAR > Body-SAR

Body-SAR

Body-SAR

Body-SARは、局所吸収指針に基づき、単位質量の生体組織に単位時間内に吸収される電気的エネルギー量である比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)により規定されています。本来は人体内部において定義される量ですが、測定器を人体内部に挿入して測定することが不可能であるため、擬似的な人体モデル(ファントム)を使用して間接的に評価する方法が広く国際的に用いられています。

※人体側頭部におけるSAR (Head-SAR)に関しては、技術基準及び測定方法が総務省によって制度化されています。 (平成18年4月28日 )

  • Body-SAR
  • Body-SAR
  • Body-SAR

おもな対象無線設備

・3G4携帯高速通信無線設備(携帯電話, スマートフォン, モバイルルーター, タブレット, PC等 )
・衛星携帯電話(オーブコム, スラーヤ, インマルサット{GSPS型のみ})

測定範囲

・おもな対象無線設備から発射される電波
(同一の筐体から同時に発射される電波{WLAN, デジタルコードレス電話, PHS等}を含む)

周波数範囲

・30MHz以上6GHz以下の周波数範囲

適用条件

・人体側頭部及び手掌を除く人体に対して「通常の使用状態」において「20cm以内」に近接して使用する無線設備
(電波発射源{アンテナ等}が人体から20cm以内の近傍に存在するもの)
・発射される平均電力が「20mW」を超える対象無線設備

通常の使用状態

・対象無線設備の製造者・販売者等が、取扱説明書等において明示している使用状態

お問い合わせへ